スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RPG制作の悩み】メインシナリオ内の会話で悩む

いつにない頻度でブログ更新しているハルマキです。
案外このRPG制作の悩みって尽きないものなのか
こういうネタで書きやすいのかもしれません。

さて、今回の悩みはメインシナリオでのイベント会話が上手く書けない
ということです。

最近僕が作品作るときの手法として、
Story Editorに演劇の脚本のようにセリフを書き込んでいく
というのがあります。
(もちろんプロットとか設定とかも書いてあります。)
しかしシリアスな内容のシナリオなほど、
どう内容のセリフをつなげていくべきか悩むことが多々あります。
悩んだ挙句、なんだかグダグダになって書き直しという事態も
よくあります。
(話がだんだん逸れていきやすい)

一方でパーティチャットとか、特に意識しない会話とかだと
ぽんぽんぽんセリフが思いついてつながっていきます。
特に【冒険者学校の日常】では、シリアスな展開なんてなく、
ほとんどがパーティチャットみたいなもんだったので
そこまで悩むことなく書けました。

あとよく悩むのが、誰に喋らせるか。
ある特定のキャラばっか話してて、気がついたら他のキャラが空気に
なってしまった、とかよくあります。
よくキャラには主人公以外だと、
行け行け押せ押せな前向きキャラ、
逆にネガティブな後ろ向きキャラ、
物語の導き手となる案内人キャラ、
あらゆる知識に精通した知識人キャラ、
トラブルメーカーな道化キャラ、
無口なクールキャラとかいますよね。

例えば物語の核心とかに触れるシーンでは、
案内人キャラとか知識人キャラとかのセリフは
自然と多くなるのですが、道化キャラは逆に少なくなってしまいます。
まあ、このキャラならこう言うってことを想像しながら
書いたほうが良いってよく聞きますけど、
なかなかそれを実践できてないですね…。

それからシーンが長すぎてだれてしまうのを恐れてか、、
無理やり結論の展開まで持っていこうとしたりなど
結構やらかします。
これもシーンの長さがどの程度が適当なのかというのが
いまいちよくわかってないからかもしれません。


と、つらづらと書き殴ってみた
今回のRPG制作の悩みでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハルマキ@春巻P

Author:ハルマキ@春巻P
RPGツクールでゲームを作っている傍ら、音楽素材やVOCALOID曲を作っている者です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。