スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編RPGのストーリー作り

僕の作品の傾向としては短編作品であることが多いです。
作るのが楽だったり、自分が短編好きというのが理由です。
(たまに実験なども行ったりしますが)

でも、短編って実はテーマ決め、ストーリー決めが
難しいなと感じます。
短い中でどういうストーリーを展開できるか、
それをその時間で展開できるか、
よく頭の中で引っかかります。

とりあえず思いついたものの例を挙げてみると
こんな感じ。

【その1 改変された物語の世界を元に戻す】
・突如出てきた本の精霊の導きで
 本の悪魔ダンタリアンに改変された物語の世界を
 元に戻す。

【その2 支配権を握られた運河を奪還】
・港町の町長に依頼で海賊が運河に築いた要塞を潰し、
 海運を元に戻す
 (あれ?これなんて運河要塞奪還イベント?)

【その3 楽団が音を奪われた町の音を取り戻す】
・旅の楽団が無音の悪魔ミュートに支配され、
 音を失った町を救う

まあ、そのほとんどはうまくストーリーにまとめられなくて
企画段階でボツになっています。

最初、作品を作るためにはエターならないように
短編で簡単な作品を作ってツールに慣れていくと
よく聞きますが、完全に慣れてくると短編でも奥が深いですねー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。

短編は話をまとめるのが難しく、
長編だとそもそも作るのが大変ですね。

紅白の使い捨て勇者はあれでも半年ぐらいかかったような。
といっても放置してたものを偶然発掘して手直ししたものですが。

No title

>ホルンさん
お久しぶりです。
長編はまさに今作っているので、それを感じています。

僕も【冒険者学校の夏休み】には1年くらい
かかっています。
逆に1時間くらいの【ASRAN外伝2】は1ヶ月作りましたけど…

話をまとめられるかどうかで
全体の制作スピードとか変わってきそうな気がします。
プロフィール

ハルマキ@春巻P

Author:ハルマキ@春巻P
RPGツクールでゲームを作っている傍ら、音楽素材やVOCALOID曲を作っている者です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。