スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談力や会話

最近本屋さんに立ち寄ると、雑談力や会話する時のコツとかを
解説している本をよく見ます。
僕も新社会人なんで、今後ビジネスでそういう力が必要になってくるため
興味があります。
一応、教職の講義受けた際にそうしたコツとかは
結構やったんですが、一度見直してみるのも良いかなと思いました。

というわけでちょっとして基本とかを押さえていこうと思います。
なんだか偉そうな文章とかに感じてしまったら申し訳ありません。

まず、聴く力が重要だということです。
これ目からウロコでした。話術とかよりもこっちのが重要です。
相手の話をうなずきや相槌、言葉の反復などを混ぜながら
ただ静かに聴いていくことで、自然と話しやすくなる環境になるとのことでした。
もちろん、しっかり相手の目は見てください。
見ていないと、聴く気が0だと思われて会話がそこで途絶えてしまいます。
そうなったら気まずいですよね?
あと、否定しないで聴くことも重要です。
相手が話している途中で「それは違う」とか否定したら、やはりそこで会話が
続かなくなってしまいます。
というか、僕自身そうされた経験もありますし、逆にしてしまった経験もあります。

良い例を挙げると

A「昨日、本探しに札幌行ったんだよね。」
B「うん」
A「そしたらさ、雑談力とか鍛える本がやたら多く売ってたんだよ。」
B「へ~、雑談力の…」
A「ほら、オレもこの春から新社会人になるわけだし(Bがうなずく)
 やっぱりそういうのとか必要になってくるから、つい買っちゃったんだよ。」
B「はは、買っちゃったんだ。で、どんな感じの内容なの?」
A「えっと、例えば…」

みたいな感じです。
ちなみに相手の話を聴くというのは僕も心がけています。
ただ、時々実践できてないこともあるので気をつけないとと思っています。

次に、自分だけ一方的に喋らないことです。
これ結構、耳が痛いと思う方いるんじゃないでしょうか?
僕も時々やってしまうので…
喋っている本人は楽しくても、延々と一方的に話されると
相手の方は呆れたり、引いたりなどしてしまうことが多いです。
(特に自分の好きなものの話とかは…)
もちろん全てが全て当てはまるわけではないですが、
これには注意したほうが良いと思います。

最後に何気ない話題とかを出してみることです。
終始無言というものほど気まずいものはありません。
そこで、何気ない話題を振ってみるのも良いと思います。
例えば、「この前休日は何してましたか?」などの
割かし何気ない話題が会話に繋がっていきます。


とりあえずこの基本を押さえておくと良いと思います。
皆さんも機会がありましたら実践してみてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハルマキ@春巻P

Author:ハルマキ@春巻P
RPGツクールでゲームを作っている傍ら、音楽素材やVOCALOID曲を作っている者です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。