スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告

皆様にお伝えしなくてはならないことがあります。

5年間制作を続けていました、
【竜を宿した少年】の制作打ち切りを
決定しました。

今回どうしてそのような決断に至ったのかを 
お話させていただきたいと思います。 

【終わりが見えない】 
このことに首をかしげた方もいると思います。 
前の体験版では竜の秘宝を3つ揃えたところまで作りました。 
てことは、次はもうラストダンジョン間際じゃないの? 
と思いきや、実はそうではありません。 
ガーリオンまでのシナリオは全体の50%に過ぎないのです。 
そこから先、まだ50%あるわけです。 
5年で50%しかできていない状態で、残り50%となると 
どれほどの作業量でどれほどの時間がかかるか 
予測できなかったからです。 

【まとまった時間の確保が難しい】 
制作を始めた5年前、僕はまだ大学生でした。 
当然、大学の方が時間はたっぷりあったんで 
それなりに制作へ時間を使えていました。 
が、社会人になると使える時間はだんだん減少していきました。 

【辛い】 
それでもコラボ参加者がいる以上、絶対に退けない。 
そう自分に言い聞かせて制作をしていました。 
しかし、終わりが見えない、時間がない、 
そんな状態になってきて、だんだん制作が辛くなってきました。 
移動ルートの設定を自動化したり、 
章仕立てにしたりなど、少しでも楽になる方法を 
考えたりもしましたが、 
もうこれは完成無理なんじゃないかなと最近思うようになりりました。 

【参加者の方からの温かい言葉】 
ただし、コラボ参加者に迷惑はかけたくないので、 
妥協案として、もう一度1から作り直して良いかと 
お聞きしました。 

すると、 

ハルマキさんは十分頑張りましたよ。 
例えここでやめたとしても、5年間やってきたことは 
絶対ハルマキさんの糧になってるはずなんで。 

ここでスッパリ切って、また思いついた時に 
リュオンで短編を作っても良いと思いますよ。 
(無理してコラボにせずとも) 

何より制作者が楽しめない制作ほど、辛いものはないんで。 

という温かい言葉をいただきました。 
その言葉を聞いて、これ以上自分を追い詰めてまで 
無理をするのはやめようと思い、最終決断を下しました。 


以上が今回、僕が決断を下した経緯です。 
完成を待ち望んでいた方には本当に申し訳ありませんでした。
そして、5年間この作品に付き合ってくださり、
本当にありがとうございました。 

作品紹介【アルドと失われし遺跡文明】

最近、マップ集素材を使用して制作した作品もちょくちょくと
見かけるようになってきました。
制作した僕としては非常にうれしい限りです。
皆さんありがとうございます。大好きだ!
(あ、そこの方引かないでくださいね…(苦笑))

さて、そんな作品の中で今回一つの作品を紹介したいと思います。

ald_ss1.jpg 
【アルドと失われし遺跡文明】(作者:ともしび様)
http://www.geocities.jp/hoozukiartworld/game/ald/index.html
※なお、ブログ掲載は制作者のともしび様より許可を頂いております。

アルドが師匠のニナに、修行で井戸の洞窟に落とされるところから
物語は始まります。
ald_ss2.jpg 

その後同じように洞窟へ迷い込んだ獣人の剣士ハヤテマルと共に
出口を探している時、二人は謎の建造物を見つけます。
そこにいたのは魔法機械ビーツー。
このビーツーとの出会いが、彼らを冒険の旅に誘います。

目的としては、ビーツーを故郷である失われた遺跡を探して、
アルド、ハヤテマル、そして師匠のニナが旅をするという
王道系のものです。

プレイ時間はおよそ3時間ですが、
サブイベント要素のクエストや賞金首退治、はたまたカジノまであり、
とても3時間という時間を感じさせてくれないボリュームのあるゲームと
なっています。

何より、作品のマップや主人公達の武器・スキルなどのデータは
ほぼほぼ全て、当サイトのマップ集素材とデータベースサンプルを
使用してくださっているということです。
ald_ss4.jpg ald_ss10.jpgald_ss11.jpg
まるで、マップ集素材に合わせてストーリーを制作したのかなと
思うくらいにマップがはまっていたのが良かったです。
データベースサンプルも、まさかメイドシリーズやネタ武器まで
導入していただいて、うれしかったです。

ゲーム自体も非常にまとまってました。
戦闘は序盤がちょっときついかなと思いましたが、仲間が4人になって
金銭的にも充実してくる辺りから、だんだんちょうど良くなっていった感じが
しました。

そして、サブイベント要素のクエストと賞金首討伐。
これはまあ言わずもがなですね。
画像は賞金首の手配書です。
ald_ss3.jpg 


クエストはアイテムの大事なもので確認できるようになってるのが
親切設計でした。
ald_ss12.jpg 

賞金首は明らかにでかいグラフィックが動き回ってるので
すぐわかります。
アルド達が近くにいても、追いかけてきたりはしないです。
ald_ss5.jpg 

ただし、挑む際にはしっかり準備を…
当然ながら強力です。ただその分見返りは大きいですよ。
ald_ss6.jpg 

そしてどこかの町にあるカジノ。
まあ、冒険の息抜きにって感じですね。
ald_ss7.jpg 
ald_ss9.jpg 
スクショで揃った役がショボくてすいません…
ファイブ7取れれば良かったかな…(苦笑)
貯めたコインは景品と交換できますが、
その中にはプレイヤーによって邪道だと感じるアイテムも混ざっています。
僕的には初心者救済アイテムだと思うので有りだと思っていますが、
それを使うかどうかは自己責任でお願いします。

ちなみに僕は使いました!(爆)

というわけで、すごく密度があって面白いゲームでした。
むしろ、僕の素材を使ってここまで密度の濃いゲームを制作してくださった
ともしび様には感謝です。ありがとうございました!
皆さんもぜひ、プレイしてみてください!

【アルドと失われし遺跡文明】(作者:ともしび様)
http://www.geocities.jp/hoozukiartworld/game/ald/index.html


【双子魔道士と天気の精霊】窓の杜にて紹介されました!

先日の22日でフリゲ展夏!the Finalは閉幕しました。
まあ、閉幕したと言ってもまだまだ作品等はDLできますので、
皆さん、気になった作品があったらプレイしてみてはどうでしょう?
http://toriakaniko.wixsite.com/fgtensummer


さて、そんなフリゲ展夏に出していた
【双子魔道士と天気の精霊】なんですが…
なんと、窓の杜にて
紹介されました!
地味に【双子魔道士のおつかい】に続き、2作品連続です。
掲載記事はこちらになります。
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/shumatsu/1019956.html

やはりこうして紹介されるっていうのは
うれしいの一言に尽きますね。
本当にありがとうございます!

フリゲ展夏!開催中

とりあかさん主催の
「2016フリゲ展the FINAL夏」
現在絶賛開催中です!
フリゲ展夏 
http://toriakaniko.wixsite.com/fgtensummer

いくつか作品をプレイしてみましたが、
すごく楽しめる作品がたくさんあります。
RPG、ADV、シューティング、ミニゲーム集…
ジャンルも様々です。

僕自身、ここ最近は制作ばかりでなかなか他の方の作品を
プレイする機会がなかったので、すごく良い機会だなと
思っています。

で、かく言う僕も今回参加させていただいております。

SS1_20160816182526d8c.jpg 
【双子魔道士と天気の精霊】
テーマ:太陽
作品番号:No.2
http://toriakaniko.wixsite.com/fgtensummer/themesuika

僕のサイトで公開している【双子魔道士のおつかい】の続編です。
続編ですが、前作未プレイでもなんら問題ありません。
登場人物は主人公の双子と師匠のイザベル以外は新規キャラなんで。
(双子とイザベルもOPで軽いキャラ紹介が入りますのでご安心を)
プレイ時間およそ1.5時間なので、忙しい合間でもプレイできますよ。

ぜひ、皆さん遊んでみてください。
(実況とかもOKです。)

以下はスクショです。
SS2_20160816182528e38.jpg 
マップ画面

SS3_201608161825301f5.jpg 
戦闘画面(今回は師匠も戦闘参加する…かも?)

SS4_201608161825304a6.jpg 
このゲームの目玉「ふたりがけ」。今回カットインは自分で描きました

自作ゲーム作品のストーリー傾向

8個も作品を公開していると(【竜を宿した少年】は体験版なのでノーカン)、
なんとなく自分のゲーム作品のストーリーは、どういう感じのものが多いのか、
ちょっとずつわかってきた気がします。
というわけで、今回のそのお話をします。

僕は、日常系だったり、ほのぼの系なゆるい感じのストーリーを書くのが
得意なように最近感じています。
例を挙げると、【冒険者学校の日常】とか【双子魔道士のおつかい】とかですね。

冒日ストーリー 
【冒険者学校の日常】←クリックすると紹介ページに飛びます

ふたごまストーリー 
【双子魔道士のおつかい】←クリックすると紹介ページに飛びます

【冒険者学校の日常】は主人公のラペットが親友達の力を借りて
補習を攻略するという感じのお話で、
【双子魔道士のおつかい】は双子のリュミエルとエクリエルが
ズボラな師匠からのおつかいでちょっとした冒険をしてくるお話です。

いずれも世界の危機とかそういうのとは無縁のゆるい世界のお話です。
故にあまり深い描写はしなくても良いから、
作りやすいのかなと僕は分析しています。

反対にシリアスなシナリオは苦手です。
今制作している【竜を宿した少年】はシリアス系に該当する作品です。
シリアス系はドラマティックな展開とかで
ストーリーに惹き込みやすいですが、
その分、設定がしっかりしていないといけません。
理由付けも含めて、いろいろ考える必要があるから、苦手なのかなと
僕は分析しています。
あと、僕はあまりドラマとか映画とか見ないのでそこも影響してるかも…

実際セリフの進行とか進みやすさも作品の傾向によって
変わっています。
【冒険者学校の日常】は書きやすかったのですが、
【竜を宿した少年】はアドバイザーさんの力をお借りしないと、
あそこまで気の利いたセリフは書けませんでした。

たぶんこれからも作りやすいということで、
ゆるゆる系の傾向が強い作品を作り続けていくんだろうな~と
思います。





プロフィール

ハルマキ@春巻P

Author:ハルマキ@春巻P
RPGツクールでゲームを作っている傍ら、音楽素材やVOCALOID曲を作っている者です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。